FOIN

2020年は本当に激動の時代ですね。

緊急事態宣言が発令され、世の中の動きが大きく変わったと思います。

実はこのコロナを去年2019年の年末に当てた九星気学の知り合いがいまして

『本当に当ててしまった・・・』

と驚いてる限りです^^;

さて、今年の初めからピタッとFOIN関連のニュースが止まりました。

少なからず動きや気になるニュースがあるのでまとめていきます。

また、カピバラさんが思う打開策というのも考えましたので、参考にしてくださいね。

FOINの現在

2020年5月1日現在、FOINの値動きの状況は下記の通りです。

2月1日~5月1日までの様子ですね。

2月の時点では$4だったのにもう$1くらいにしかなっていません。

カワウソくん≫カワウソくん≫

$4でも少ないですよ!!

どちらにせよ、もう

FOINの価格上昇は期待できない

とうのがカピバラさんの考えです。

特に目新しい発表も無く、FOINユーザーからの信頼も無くなっているので価値を上げるのは相当に難しいでしょう。

次にFOIN関連のニュースをまとめていきたいと思います。

FOINのニュース

FOINは情報発信自体は続けていてその媒体としてカピバラさんが見ているのは主にTwitterです。

特に大した記事は書いていません笑

公式サイトもこちらのリンクで残っています。

リンク:https://foin.io/

またMediumというF媒体を使って情報発信もしており、目新しい情報は下記の2点くらいです。

①CEOの変更

②LBankに上場

①に関しては新しいCEOはユリさんという方らしいです(リンク

仮想通貨の業界には5年前から参入し2018年にFOINの存在を知ってかなり稼がれたという記述がありました。

1月の価格暴落も受けた中でしたが、FOINのメンバーとして活動していく事を決められたそうです。

現在の価格から過去最高の価格(暴落直前)まで戻すのは難しいが地道な活動で価格回復に努めていかれる様です。

②に関してはコチラのリンクで記事を参考下さい。

https://bit.ly/2KR0A0Y

LBankという取引所は2016年に設立された取引量TOP10に入る大きな取引所との事です。

FOINがこの取引所に上場してキャンペーンもされました(4月15日終了)

取引所に上場した=凄い!という事ではないですが、こうした動きはある様です。

FOINをどうするか

この記事を読んでる方はFOINで大きなダメージを受けた方がとても多いと思います。

悔しいですが『詐欺だ詐欺だと』言っているだけでお金が返ってくることはありません^^;

そこで僕が考えるちょっとした考え方をシェアしたいと思います。

FOINを他の仮想通貨に換える!

FOINを塩漬けにしている状態であれば、他の仮想通貨に換えたほうが良いと思います。

そしてその仮想通貨を

ビットコイン・イーサリアムに変えます。

何故こんな事をするかというと

今年ビットコインは半減期を迎える

からなんですね。

半減期というのはコインの採掘量(マイニング)が半分になるポイントなのですが、おおよそ4年に一度そのタイミングが訪れるんですね。

そしてこの半減期がどうやら2020年5月中旬と言われています。

カワウソくん≫カワウソくん≫

もうすぐですね!


≪カピバラさん≪カピバラさん

半減期に関しては調べたら沢山出てくるのでそれらを参考にしてください。

これまでビットコインの半減期は2回訪れていたのですが、80倍➤20倍と一気に急騰しています。

3回目となる次の半減期でどのくらいの価値になるか全く予想が付きませんが、今から10倍以上の価値になるのではないかなと思います。

つまり、1Bit=1000万円ですね。

そしてイーサリアムという仮想通貨もビットコインの価格に連動します。

どうせなら上がるかどうか分からないFOINを置かず、10倍の値上がりが期待できる仮想通貨に変えませんか?

という事です。

例えば100FOINを持ってる方は現在$100ですが、ビットに変えれば$1000になる可能性があります。

そしてどうせ変えるなら分散の意味でイーサにも変えたほうがいいです。

カピバラさん≫カピバラさん≫

あくまでも案ですので、参考程度に

さいごに

結局FOINが何故こんな事態になってしまったかと言うと、一つにお金を運用しているFSPの存在が曖昧だったからです。

確かに運用の状況はリアルで確認する事が出来ました。

しかしお金を運用する機関が良く分からないって普通に考えたら怖いですよね笑

自分の資金は誰の手で運用されて、どの様に運用されているかという点が非常に大事です。

WAIFXという案件では資金の様子がMT4というアプリでリアルタイムで確認出来、運用する証券会社もしっかり国のライセンスを取得しているので安心です。

また、FOINは当初金融をプラットフォームとする仮想通貨にする話でした。

しかし、お客さんとなる金融機関は最初からあったでしょうか?

マーケティング戦略等の具体的な話はありませんでしたよね。

仮想通貨は間違いなく魅力的な金融商品ですが、人の手に渡り流通が起こる仕組みを確立しなければなりません。

そうした点で、マーケティングのプロが関わる『仮想通貨×ゲーム』ビジネスのBGSはとても将来性がある案件です。

FOINで失ったお金は返ってきません。

僕はこれらの案件でお金を作っていきますので、ご興味のある方はこちらから情報を取得されて下さい。

【WAIFX】

WAIFX日本初上陸!☆補填サービス実装のど安定案件を徹底解説!

【BGS】

BGS☆荒野行動のプロマーケッターが仕掛ける事業投資案件

カピバラさん公式LINE@

カピバラさん≫カピバラさん≫

LINE@やっています。

基本どんな質問でも返答はしますし、自分で言うのもオカシイですが

カピバラさん、メチャクチャ返信早いですw
(カピバラなのに笑)

今オススメの案件含め、様々な情報を共有します。

是非ご登録お願い致します♪

友だち追加

Twitterもやってます♪